リノパワー リノパワー

リノパワーとは?

リノパワー

慢性腎臓病のためのサプリメント

慢性腎臓病の特徴はヒトでも犬猫でも腎臓の機能が時間と共に低下することです。その原因は長い間、腎臓の濾過過剰(腎臓の働き過ぎ)や体内に溜まった尿毒素(蛋白老廃物)による糸球体(尿を作る装置)の傷害であると考えられていました。そのため、この考えを信じてアンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬や人工活性炭(コバルジン)が投与されてきました。しかし、最近の研究でこの2つの薬剤には腎機能の保護作用がないことが分かりました。

一方、慢性腎臓病で死亡したヒトや犬猫の腎臓を詳しく調べてみると、腎臓の尿細管(作られた尿を体の必要に応じて調節する装置)と間質(糸球体、尿細管、血管などの隙間を埋めている組織)が広い範囲で壊れ、線維成分置き換えられています(線維化)。慢性腎臓病におけるこの線維化は食事から摂取するリンにより重症化することが分かりました(リン中毒説)。したがって、食事中のリンを腸内で吸着し、吸収されないようにするサプリメントを投与すると腎臓の線維化(即ち、腎機能の低下)を防止することができます。リノパワーはこのリン中毒説に基づいて開発されたサプリメントで、慢性腎臓病で腎機能を最大限に保護します。

様々なデータが保証するリノパワーの効果

①. CKDモデル猫(11/12部分腎摘)におけるキトサンのリン吸着作用

キトサン投与後60日後の結果。キトサンは腸内で生じるリンを有意に吸着して上皮小体ホルモン(PTH)の合成と分泌を抑えることが分かります。また、リンの吸着により尿細管への濾過負荷が減少し、そのためにリンの排泄率(FEPi)も低下します。

棒グラフ

②. 自然発症したCKD犬におけるキトサンの尿毒素吸着作用

キトサン投与後8週後の結果。キトサンは小分子の尿毒素を吸着し、有意にBUNを低下させました。また、酸性尿毒素の吸着により血中重炭酸塩濃度も上昇しました。

棒グラフ

③. 血中リン濃度が正常なヒトのCKD患者に対するリン吸着剤の投与効果

血中リン濃度が正常な初期のCKD患者にリン吸着剤を投与するとリン排泄増加ホルモンであるFGF-23およびPTHの血中濃度を著しく低下させることが判明しました。

棒グラフ

④. CKDモデルに高塩食を給与したラットにおける還元型コエンザイムQ10の腎保護作用

片方の腎臓を摘出した若いラットに高塩食を与えると血圧が有意に増加し、それによって尿中アルブミン排泄量と腎臓内でのフリーラジカル産生量が増加します。
こうしたラットに還元型コエンザイムQ10を投与すると血圧、尿中アルブミン濃度、およびフリーラジカル産生量は著しく低下し、腎保護作用が認められました。

リノパワー-Pはさらに還元型コエンザイムQ10による腎臓および心臓保護作用を発揮します。

棒グラフ

投与

投与量

食欲不振や多尿などの慢性腎臓病の臨床症状がない犬には基本的に体重5 kg当たり1日1gを、猫には1頭当たり1日1 gを投与します。しかし、症状があらわれている場合や血中のリン濃度が4.5 mg/dlを超えている場合は食事ごとにリノパワーを0.5~1.0 gを投与し、できるだけ正常範囲に維持します。リノパワーは体重1 kg体重当たり1日1 gを投与しても副作用はありません。投与量の多さや副作用を気にするのではなく、食べ物を食べるたびにリノパワーを投与し、血中リンの濃度上昇を抑えることです。

投与方法

食事の回数に応じて1日量を分服します。
例えば、体重10kgの犬に食事を1日2回与えている場合は、朝食後に1g、夕食後に1gを投与します。体重5kg未満の犬は5kgとして投与します。
リノパワーRは無味無臭ですから、食事に混ぜても食欲を低下させることはありませんし、水にも簡単に溶けますので、2~3mlの水で溶かした後で注射器を利用して投与することもできます

リノパワーを購入する